虫歯治療Tooth decay treatment

できるだけ痛くない・削らない
虫歯治療を
ご提供します

森本歯科は、「きちんと噛める」ことが、人間にとって一番大事なことだと考えています。できるだけ痛みの少ない治療で訪れやすい歯医者を、できるだけ削らない治療で歯を長く使い続けることを目指しています。
ブリッジや入れ歯、インプラントといった歯を補う治療はありますが、やはりご自身の歯に勝るものはありません。患者様の歯を1本でも多く、そして長く残すための虫歯治療に努めます。

痛みが少ない、歯を残す治療を
行うために

虫歯を削ったり、神経を取ったりすることで、虫歯の痛みから解放されますが、歯の寿命を縮めることにつながります。当院では、なるべく削らず、神経を取らず、歯の保存を第一に考えた虫歯治療をご提供しています。
また、患者様の身体的負担に配慮し、少しでも痛みの少ない治療に努めています。

01歯科用CTによる精密性の高い診断・治療

歯科CT

当院では、虫歯治療においても歯科用CTを使用して診断を行います。平面的な画像しか得られないレントゲンよりも、立体的な画像を撮影できる歯科用CTを用いて虫歯の状態を確認することで、より精密な診断ができます。
当院が使用するパラノマ型デンタルCTは、医科用CTに比べて被ばく線量が5分の1から10分の1に抑えられています。また、撮影データの処理スピードが速いため、撮影後数分で詳細な3D画像を見ながらの診断や、患者様への治療に関するご説明が可能となります。

歯科CT

02拡大視野で確認し、
削る量を最小限に

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、手術用顕微鏡のことで、20倍にも拡大することが可能です。虫歯治療として虫歯部分を削る際に、肉眼では健康な部分も削ってしまう可能性が高いですが、マイクロスコープを活用することで、歯を削る量を抑えて虫歯の取り残しを防いだ治療ができるようになりました。
また、当院に併設された歯科技工所での詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)の作製にも活用しています。肉眼やルーペよりも細かに見られるマイクロスコープを使用することで、より精度の高い補綴物を作ることができ、歯と補綴物の間に段差や隙間ができるのを防ぎます。

マイクロスコープ

03炭酸ガスレーザーを
使用した
痛みの少ない治療

治療中の医師

通常の治療で使われる回転タービンは、虫歯部分だけでなく健康な部分も削り取っていました。さらに、タービンで削る際には振動や刺激があり、特に神経に近い部分を治療する場合は治療中に痛みを感じることがありました。
しかし、炭酸ガスレーザーは、レーザーが当たった部分のみに高熱を与えて蒸発させることで、不必要に歯質を傷つけません。また、レーザー光は当たっても音や振動といった刺激が少なく、痛みや不快感を抑えた治療が可能で、麻酔せずに虫歯を除去できます。
さらに、歯にレーザーを照射することでフッ素が浸透しやすくなるため、治療後にフッ素塗布を行うことでより予防効果が期待できます。

治療中の医師

進行度別の虫歯の症状と治療法

虫歯の進行度によって、必要となる治療は異なります。進行すればするほど、負担のかかる治療が必要となり、歯の寿命にも影響してきます。「痛くないから大丈夫」ということはありませんので、進行させないように早めの受診が大切です。

C1 歯の表面の虫歯

C1歯の表面の虫歯

ごく初期の虫歯で、歯の表面だけに虫歯があるため痛みはありません。虫歯の程度によっては歯を削って詰め物をすることもありますが、なるべく歯を削らないようにクリーニングやフッ化物塗布などを行い、進行を防ぐ処置を行います。

C1歯の表面の虫歯

C2 神経に近い虫歯

C2神経に近い虫歯

歯の表面にあるエナメル質よりも内側にある象牙質にまで届いた虫歯であるため、食事中に痛みを感じたり、冷たいものや甘いものがしみたりします。神経に近ければ近いほど、痛みを強く感じます。
痛みの少ないレーザーなどで虫歯を除去した後、レジンやセラミック製の白い詰め物や小さな銀歯をかぶせます。

C2神経に近い虫歯

C3 神経にまで及んだ虫歯

C3神経にまで及んだ虫歯

虫歯が神経を侵しているため、常にズキズキと痛みます。また、夜間に激痛を感じることもあります。
神経にまで虫歯が達している場合は、歯の神経を抜く根管治療が必要になります。マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使い、取り残しを防ぎつつも必要最低限の切削量になるよう努めています。

C3神経にまで及んだ虫歯

C4 歯の根まで進んだ虫歯

C4歯の根まで進んだ虫歯

虫歯菌によって歯冠部(歯の頭の部分)がほとんどない状態です。歯の神経が壊死しているため、痛みを感じなくなりますが、歯の根元に膿が溜まると再び激しい痛みを感じるようになります。
虫歯が神経に及んでいるので、C3同様にマイクロスコープを使って根管治療を行い、抜歯回避に努めます。しかし、顎骨や他の歯への悪影響が考えられるケースでは、やむを得ず抜歯を行うこともあります。

C4歯の根まで進んだ虫歯

当院の根管治療

根管治療は、歯の土台を治す治療であり、歯の寿命を左右します。また、根管は大変細く、複雑な形状をしていることから、治療には精密性が求められてきます。そのため、当院ではマイクロスコープ等の機器を駆使し、治療の精密性向上に努めています。また、再発リスクを低減するため、光殺菌を導入しています。

マイクロスコープを使った
精密根管治療

マイクロスコープ

根管内に充填剤を詰める前に、内部にある細菌感染した神経を抜く必要があります。しかし、根管は細くて複雑な形状をしているうえ人によって形が異なり、狭く暗いために肉眼やルーペだけでは根管内を正確に把握することは困難です。手探り状態で治療を行っても感染部分の取り残しをしやすくなり、再発や抜歯のリスクを高めてしまいます。
当院では、最大で10万ルクス以上となるライトが付いたマイクロスコープを使うことで根管内を可視化し、感染部分の取り残しを防ぎ、虫歯の再発や抜歯を防止します。また、肉眼やルーペだけで行うよりも、患部がよく見えることから治療を効率的に進められるため、治療時間の短縮も期待できます。

マイクロスコープ

根管治療では光殺菌治療を
行います

根管治療

根管治療では、根管内部を消毒殺菌してから詰め物を行い、光殺菌治療は、詰め物を入れる直前に施術します。光に反応するジェルを根管に注入し、専用の機械で10秒~30秒間照射して光殺菌を行います。その後、ジェルとともに細菌の残骸を洗い流してから最終的な詰め物をします。

光殺菌を行っている間は少しの熱と振動を感じますが、痛みはありません。また、抗生物質などのお薬を使用しないため、お薬が効かない耐性菌が発生しません。お薬を使わないため副作用もないメリットもあります。

根管治療

虫歯は予防できる病気です

歯科衛生士
歯科衛生士

虫歯の根本的な原因は、お口の中にいる虫歯菌です。虫歯治療を行っても、口内に虫歯菌が多くいては再発したり他の歯が虫歯になったりするリスクが高いままです。また、虫歯になったことのない歯と、虫歯治療後の歯では、治療した歯のほうが虫歯になりやすいことも分かっています。

再発を繰り返して治療を受け続けていては、いつかは歯を失ってしまいます。歯を長く使い続けていただくために、当院では予防歯科として定期的なメンテナンスの受診をお勧めしています。メンテナンスを定期的に行うことで、予防と、早期発見・早期治療が可能になり、歯の寿命を延ばすことができます。

予防歯科・定期メンテナンス

虫歯治療のQ&A

  • Q1虫歯治療は保険適用ですか?

    虫歯治療は、基本的に保険が適用されます。虫歯治療費の1割~3割を患者様が負担することになりますので、あまり高額になりません。
    しかし、保険適用の治療は、詰め物や被せ物に使える素材が決められているため、治療後の審美性や耐久性が、自費診療よりも劣る場合があります。

  • Q2銀歯にならない治療法はありますか?

    白い詰め物や被せ物(補綴物)を使うことで、銀歯になりません。自費診療になるため治療費が高くなりますが、セラミック製の補綴物は天然歯のような見た目をしており、保険適用のレジンよりも変色しにくく寿命も長い特徴を持ちます。

    ただし、セラミック治療は、保険適用になりません。国民保険は、病気や怪我の治療のみに適応されるため、セラミック治療のような審美目的の施術は自費診療となります。

    セラミック治療について詳しく
  • Q3虫歯はどうして起こるのですか?

    虫歯は、以下のメカニズムによって起こります。

    1 虫歯菌が磨き残しを食べて、ネバネバとしたグルカンを生み出します。グルカンを接着剤にして細菌の塊(歯垢)を作ります。歯垢1mgあたり10億個もの様々な種類の細菌が棲んでいます。
    2 細菌が糖を分解するときに産出する乳酸は歯を溶かすため、食事中や食後は歯の表面が溶ける脱灰が起こります。通常であれば唾液の働きにより、口内は中性に戻り、歯を修復する再石灰化が起こるので虫歯は起きません。
    3 歯が修復される周期よりも短い間隔で甘い物などを食べたり飲んだりすると、再石灰化による修復が間に合わなってしまいます。結果的に脱灰が続くと、虫歯が発生します。